静低血糖症かになる

私は学友会に参加して、心が落ち着かなくなって、自分がその最も劣っている人になって、ただ隅に座って何もしません.

みんなわざとらしい不意に語った自分の変化もあるーー月末に結婚して、ある宴に光るダイヤモンド、あるモデル婆になって話していないこの月三筆菲の収入、一番悪いのもいい言葉に花が咲くにマスターした料理、指をつけて春の水の天之骄女、才徳兼備からに料理をよそう,時間を見せて彼女のスペアリブあんかけ白菜のピクルス……

私は、憂鬱に自分は本当に一无所成、心の中はこの上なく巨大な理想に両親に親孝行をしたいとしている弟は大学と早くに回顧する無憂をいくつかの自分のほしい物の日……しかし、現実の状況は、広大な自然の間に週全的にできない、いつも太鼓を打てば鉦が外れる、何年の理想が、一つの稚靑の実、私はこの木が古いのはもう殘り年輪ました、それは相変わらず懸案.そう思って、心の中は思わず一分の親戚戚然に加え、少しお酒を飲んで,低血糖症、寝返り眠れない.

昨日の晩は私に讃時間は午前12時半ごろです.私は彼を知ってずっと寝るのが遅いのだが、見つからない理由に连絡して、このように限定され、手がかりが破れの殺人事件の手がかりを殘しません——もとは言えないかもしれないの手がかりがないだろうが、本当にやりたいこと、ひとつ探して自分を説得する理由はいつも難しいことじゃない.

私はそんなに遅くまで寝てないと言って、彼はどのように知っている、また自分が昨日の状態を見て見て、昨日の状態を見ています.

何かいい情報があるの?彼は聞いて、私の頭の中で彼のわざとらしい楽の様子が現れて、彼の演技はいつもそのように拙劣、彼自身は知らない.

私は一回彼に連絡したいです、その見合いの相手はまた私に電話をかけて、様子を見ると発展の余地がある.しかし、私は突然1人の自由自在な生活に慣れて、たとえ以前の恋を思い出す時1日に1日かかった電話のねばねばが曲ってすべて不思議になることができます.

古いことを蒸し返すたくない、私はああ――ああ、いや、今日共有千三百円の収入、800元の学校補助、520元の給料が代講する.

から羨望の表情、説:小杨真はあまりにすごい、款婆、求ん.私は彼に笑わせられて、文に帰って:だめ、汚かっ,.

私は彼に自分の鬱々がない理想:学んでない理想:学んで、化粧をして、男友達を探して、5年のメモリは20万人になることを目指して、そして人妻に嫁いで.

私は彼は1つの抱擁、,これが私の知っている小さいヤン.あなたの理想は次のに怒って、必ず実現する.

私は突然涙

のに、点滅のスクリーンには、私の前の彼氏が励ましてくれて、彼は昔のように、これまでの要件は、あなたが楽観的に生活して、自分のやりたいことをやって、彼はそばで励まし、どんどん伝」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です