長座憋尿精子の低血糖症品質に影響

不妊夫婦の総発病率は明らかに上昇、約出産適齢の夫婦のじゅう~15%.その中で男女の原因はそれぞれ40 %占め、双方の原因は約20 %占めている.男性の原因で不妊の割合が明らかになり,セックスレス解消法.南京金陵の男性の科の病院の院長による陳利生.不妊の原因について、陳院長によると、男性不妊症患者の原因不明者は6%前後、精索静脈瘤が28%、泌尿生殖道感染25%、他を染色体異常、先天性発育異常など.その原因を追求して、環境に刺激する、ウイルスの侵害、ストレスと不良生活様式、性の機能の障害や生殖保健不当このご種類の要素は精子の品質に最大の影響、男性不妊症ランキングで有名です.

病院1183例男性不妊症患者調査によると、男性不妊症患者に患前立腺炎が21%、生殖道感染は25%を占め、陳利生院長によると、パソコンが普及し、自家用車が増え、家庭の装飾など、有毒有害ガス、男性に対して精子の影響をはるかに超えて女性に対して卵子の影響.長座憋尿,低血糖症、接触輻射など新職業も下げている男性の生殖能力に従事して、IT業の男性も多く、長居してパソコンの前に、仕事はち—じゅう時間、仕事の時はかまわず水を飲んで、トイレに行って、よく徹夜して、このような生き方に男性は、憋尿長居してよく、接触輻射などの状態で睾丸の局部を温めて,容易な発生の前立腺炎や睾丸生精障害.以下に腹腔2 – 4℃の温度の下で、睾丸才能よく発生の精子、長座に影響を与える陰嚢の放熱を招き、陰嚢の温度が上昇、睾丸の生精能力に影響を与える.コンピュータ、テレビなどの電子放射の環境で,睾丸に影響を与えることができる.

専門家は注意して、不妊治療の男子の最良の選択、夏夏精子品質が悪く、この時期にザーメンを中の未熟精子最多で、精子の成熟週期は三ヶ月を経て、夏の治療まで、秋の時精子最も堅強で、この時更に妊娠自然、確率最高でした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です