読書の低血糖症幸せ

鑫海源

に位置している、5縁の灣の海岸で、風景が美しい、厦門が最も豪華な住宅区の一つ.境内には小さな花園、ガーデン内にいくつかの靑の池、今年夏と秋は特別雨が少ない、水池はずっと干の控え後門のところに、池に乗って東海竜王馬車の彫刻像,竜王のイメージは古装映画テレビの中にそんな長須ゆらり年輩の人ではなく、ハンサムな靑年.三匹ほぐして車が吹き、左右ドラマー.威風に威風.池の週りの水はまちまち何座亭供団地の中の住民の夕涼みを展望.亭である木長数、椅子に座ることができて、することができます.

昼ご飯を食べて、出勤するのはまだ早いです.おだてて1冊の本、座り込ん亭で、今日見たのは郑启五さんの『杯をお茶」と.私は幸運にも拝見鄭さんの文字は、じゅうに年、ブログの数篇の文章を見終わった後、だんだん好きになったさんのお茶の文化、三月、海沧紙の書店に参加し戴惠萍先生と碧水の優しさ張先生たちのサイン会.サイン会が始まる前に、明月梅と本屋で立ち話をしながら本を読みながら本を読みます.突然の間、私の目が私の眼光《茶語語語》を引きつけました.あなたは誰の本を見ますか、」私は明月の梅にあなたは知っていますか,
?これは鄭先生の本ですが、私はブログに鄭さんが茶言茶語を出版しました」.

私は本を取りました、静かに数行文字を見て、それから勘定を走り、本をリュックに入れて.これは私が初めて鄭さんの紙質の本を読んだのです.以前、私はネット上で多くの鄭さんの文字、特に茶文化の文字についての文字をダウンロードしました.それから私の空間に私はそれらを整理するのは私の空間には.ときどきさんの文字,勉強さんの書く技巧を見ると.とても鑑賞するのは、先生の文字はかつてないことがありません.大.空の遠慮するんだったら、なまぬるい整備話題は、どんな種類のハイエンド家によくある心の栄養式の言語.彼の文字は永遠にこのような温和で、親しみやすい.生活もとても親しみのあるスタイルだ.

私はブログに先生に伝言をして、私にとても先生のお茶文化が好きで、まもなく、私はとてもうれしいのは私の『盞と茶』ハードカバー本を受け取りました.この本はとても大切です.ある日私は家にいないで、1つの友達が家に来て見る、強引に家の中から人手に借りて借りて行きました.今日やっとするので、昼ごはんを食べたら、本を持っていて、静かにそっと亭、独占した亭でのベンチ、真面目に見える.

一冊の新刊書をもらって、私は当時には行かなかった.本の喜びを得るためまだ過去,低血糖症、この喜びに影響を及ぼすことは読書の感じ、私は気分がよくない時に行って本を読んで、物事の忙しい時に行って本を読んで、ざわざわの地方に行って本を読んで、歩くの列車に読書.そんな時、私はむしろ目を閉じて休んで、本を読むためじゃなくて様子から、すこし併べて楽譜、読書のためではない人にあなたの読書の様子を見て、本を読むためには私にとって、1種の心を慰めて一種の精神の享受.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です