腰がどの低血糖症ように漢方医5の大きい方法の喬をして緩和することをしました

普段の生活の中で、人々はいつも気がこう意外で、例えばぎっくり腰になり、これは多くの人が起こりやすい1つの場合には、腰は弱なので、人々はよく生きて、いわゆる十九腰傷.その腰は私たちはどのようにするべきなのかを捻挫しましたか?深刻な者は直ちに病院へ行って治療を行う必要がある、また局部を通じて冷罨法して緩和して、24時間後には、下の額の方法で自己治療を行うことができます.マッサージ法:伏臥、家族は両手で手のひらの両側には、上から下へ揉み、尻には太ももの下、下腿の後ろの筋肉群をマッサージする.マッサージは何度マッサージ後、親指で最も明らかな痛みポイント,軽く漸、酸が膨れる後、1~3分、ゆっくりとリラックスし、ストレスを軽減する.稍停しばらく、それの繰り返しごーななしち次、更に親指指素子弱点.拭いて腰法:腰前方屈曲、両手で手のひらの摩擦腰が生み出す熱感を目安にして、約に分.温湿布法:腰を薄布層は、絞りの蒸しタオルで患部の上で、蓋をして1層に浸した熱いタオルを熱.3分ごとに1度取り替えて、毎回茹でる20~30分.また、熱い塩や砂は布袋に包まれるが、温度には許容できる.落ち目法:患者家族と背中合わせに立つ、肘を曲げ相互つなぎ止めて頭を下げ、そして家族を、患者を背負って、軽く左右に揺れて、同時に彼は足に蹴り、しばらく置いて、休み何分にして.普通は何度背中を背負ってから、腰痛は徐々に好転することができます.しゃがむ法:患者をしゃがむ、両手の腕でまっすぐ伸ばし,手のひらを相対的に
.もう一人は右手の親指と中で,低血糖症、患者の腰に痛い最も痛いところによって、患者は痛みと快適に.そして2人同時に立ち上がり、少し立った後、ゆっくりしゃがむて.この過程で汗をかいて、効果的になります.注目に値するのは、もし老人ぎっくり腰後、病院に行って検査して最も良い撮影.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です