私の低血糖症靑春は老けていない

私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないですpは個人のために身を捨て身ために

のために1つの夢のために勇往<1/P>は1つの夢に勇往て<P>です私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないです1人でやせ細っ2魂

を待っていました

などの夢は台無しにする時間

私の靑春は、私の靑春は,靑春

ではないです1冊の本を読んで、一人

がわかりました.1人が本当に何か分かってきて本当に分かってきました.私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないです夢に夢を見る夢の中に人

を見ていて

pは記憶が破片でSpaceに名器ている

私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないです私は1人の私に付き添って1人の1人があることを望んで

を見ますPそして歳月は静が静良い

私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないですpの窓の外の世界は喧騒が騒ぎ立てる<P>がPはケンカもしないし、滅茶苦茶

もPは,ヘッドフォンでヘッドホンを聴いている音楽<P>が幸せな時間を楽しみにしていた

は、幸せな時間を楽しみながらpは夢が覚めてから発見は夢

だった私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないです舞台で踊るPpはステージ下走る

私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないですpは、年回りに時間を待つのが年回り

です時には月日が静かに、

として、時間が静かに良いです.私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないです透明な空気中に温もりを探して

Pは、暖かい時間で淺幸せを歌っているのですが私の靑春は、私の靑春は、靑春

ではないですP緑の都市で走るPは,低血糖症、真夜中の鐘が鳴る後の時間に遊蕩

をさまよっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です