専門技術、低血糖症ワニは腕を噛み切るても倒れない

高雄医学大学

付置中和記念病院整形外科

病床数:60ベッド

では60ベッド

主治医:18人

は、18人

p> <2006年傅尹志顕微手術を受け医師施行指を折ら:110例

黄炫迪医師施行人工膝関節手術:225例(うち198例を低侵襲手術)

よんしよ月じゅういち日夕方、各テレビニュース速報:台絶えず挿入寿山動物園張博宇ワニ噛み切る腕組長され、救急搬送高雄医学大学付設病院!と

と同じ時間、高医整骨科医師匠尹志正車で行ったら安親クラスに子供を迎え、救急電話を受けが病気の「手が切れた,早く病院に戻って.

は次の断つまあに従事する手もこの傅尹志外科、急診刀を開いたことを何回かした.

は、切れは食べられ!電話の向こうの語気がせっぱつまっている.

p>に食べられたら次の「<よ!何に咬みれたのかな?このような緊張、口走っはどのようにして聞いて、それは再び聞くことを聞いて
.

「わにワニ咬みの!と

「わあ!それは大きいことです…….妻に迎えに行ってください傅尹志子供、ダッシュ回救急車を見て、いっぱいにSNGさえも、CNN報じた、『手』は本当に大ニュース、傅医師に手術房花に入ったろく時間を家に迎えた.一年に300本指

には1年300本指

このニュースを見て、台北に医学センターの整骨科の主任の先には驚いたが、すぐには患者のために喜んでいい!送ったところが高いために、外科手術医手顕微鏡レベル、とっくに台灣の整骨科の仲間から受け界に違いない.

p顕微手術は、病気により、需要が.整骨顕微手術に従事して二十数年、高医付置小港分院の副院長の林高田表示、2、30年前に高雄は加工輸出区、機械圧傷、扇風機など労災ケースが後を絶たない中断;またドアはさみ切る,低血糖症、刀を断ち切るの意外にも多く、それぞれ二三日置きにすれば次の本の指を折ら、いち時々、さんに根、甚だしきに至ってはご、すべて切れて、一年次の200~300本の指は大丈夫.

「pは症例が多く、技術力が良く、ねつ造にも邪推して.次の本の指を折らいち,麻酔加手術の時間、別の医師がさん~ろく時間、いち条縫い、林高田次根指を折らさんだけさん時間、いち条縫い糸.その結果当時の労働保険の審査の医師は私を駄法螺、削除していたとしている!と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です