安らぎの低血糖症縺れ

私は自分を記憶に忘れて、だんだん時間を忘れてしまいました.

私は本当にとても気楽で,気楽な私はすべて自分が何をしたいことを忘れました.

毎日同じことを繰り返して、同じ人に会う,
,同じ夢を見ている……

は毎日窓から外を眺めて、外を眺めていた云淡风轻、心地よい吸っているすべての美しい、

pは在任時間が慌しくて、急いで行ったのに、また急いで.

みんなは遠くまで歩いていないようだが、すべてが遠ざかっていった.

私はすべてすべてすべて不変であることができて、しかしそれはできません.

往々に浸る私の靑いユートピアに感嘆して時間の際は、万事連休、欲語涙が流れる……

私は大騒ぎ、

冥冥にはすべての手配のは1つの過程で私を経験させて、

Pは、経験がないと、いつも嘆いて、いつも後悔して、いつも悔しない……

Pは経験後もいつも感嘆し、いつも後悔している、いつも悔しい……

P、昨日はすべてキャンセル、黙々として自分の明日を祈るのでしょう,低血糖症、自分が耳にすることができるかどうか知りません……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です