低血糖症別れ_いち

少年宮、少年宮――家;この段私は4年連続で最も感情の広州の地域に熟知している.この夏、あなたにさようなら.なんの気持ちをしのぶたい這段私の人生の中の時間を持って歩いたことがない家族滯在;何か殘したい記憶!

p>つかの間の時計<までカチカチ叩き白黒い髪時;待美人で時の中でいつも行くをたそがれ時;女大巢まで忙しい時;ある冬陽とろける午後や落霞诗の夕暮れ、小さなベンチに座って、老眼鏡をかけて難しいほら過去の点滴、ゆっくり品であれらの記憶の気持ち,.

日光染み込ん心の陰角、満面のフリルが交錯する方の幸せは……考えたらこの日の4年、地下鉄に乗ったことがあり、乗ったバス、タクシー、開車に乗ったこと;4年寒暑を感じた太陽炙り、台風が吹いて、寒流ぶるぶる、図書館のに座って本を読んで,低血糖症、途中で再会した故人、美容院で寝覚、スターバックスを潰した時間、広場のカフェの日傘で突発霊感羅列した文字.

3時ちょうど定刻に始まった音楽の噴水を聞きました.第1回噴水が日光に会って虹の喜び、馬とロバの驢馬があることを発見することを発見します……

幸運から毎週日午後の赴きはすでに私たちの生活の一部となっている!少年宮に入って、廊下、階段を上るの随所に親たちや工作や読書や電子製品や壁に寄りかかって遊ぶ夢週公、すべての目的はただ一つ—-見守って授業する室内の子供たち.あるのは1日1日です!

親、子供たちのしようがないか幸せ?私たちはあなたのあなたの上にあなたの学者の長さが、親の長さを、私たちは、学校に行くか、家事をする必要があります.そんな課外班はどこにありますか.試験の八十几分すでにとてもよくなった、非名門校の心理状態へ込む.しかしその時代は歴史になっても,歴史にもなっていない.

P教育機関は、いつも週間街は、大胆に、私たちの視野には、どこに行くのか?もちろん需要があれば市場がある、佣者からは属国と拝むている!人間の悲しい進化過程!まさか今の親たちは自分が優秀じゃないお金も子供のころあの時間舎と争わない自分?

そんな成長の軌跡を否定するのは?それともあの殘念、欠損を自分の生命を与えるの人身の上に充填ふっくらさせる.急激に膨張した虚栄、功利心は素直?それとも教育資源の不公平なのか?万病生い茂っの社会は次のような現象を達成した……

のいくつかを聞いて言って今試験間の少し良い中学校の平均点で97点以上が把握すると記入して、さもなくばさえ勇気もない,.どの方面にとても力があることがあります.さもないとあなたは運を天に任せるなどのランクになるでしょう(もちろん名門校に依田ているのは)ワンランク!そんなストレスの前では、どうしても仕方がない!

一度はこの小さい友達は小さいから初めに勉強に圧力を勉強するためです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です