低血糖症の原因について説明

低血糖症は血糖値が正常な変動幅を超えて低いことです。低血糖症は疲労症状を伴う病気です。低血糖症は様々な原因があります。ここで外因性と内因性の二つ原因にわけられます。本文は低血糖症の原因についてをご解説しています。

外因性の原因

糖尿病治療薬や空腹時のアルコール摂取、抗不整脈薬(リスモダン、シベノールなど)などの薬による原因が主です。糖尿病でインスリン投与などを受けている方が糖質の少ない食事をしたり、食事をしなかったり、激しい運動をすると血糖値が下がりすぎて低血糖症を起こします。

糖尿病治療薬の誤投与により血糖値が異常に下がったり、食事摂取不足により低血糖を起こすことがあります。また、アルコールの過剰摂取や抗不整脈薬(の内服などでも低血糖を起こすことがあります。

低血糖症を起こさないためには、血糖値を安定させることが重要です。医療機関で内服薬の調整を行ってもらい、過剰なアルコール摂取を避けましょう。

内因性の原因

原因のひとつとして、反応性低血糖と呼ぶもの(胃切除後のダンピング症候群や胃下垂の人、また、インスリン感受性の高い人)があります。長期間の過剰な糖質の摂取により、膵臓からのインスリン分泌をコントロールする機能が低下することで起こります。糖質を摂取すると過剰にインスリンが分泌され、血糖値が急激に下ることで反応性低血糖が起こります。

反応性低血糖を起こさないための食事方法は、糖質の過食を控え、一回の食事量を減らし、食事回数を増やすことです。

低血糖が起きた時の対症療法であるブドウ糖の摂取を行なうと、血糖値が急激に下がり症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です