他人を信じな低血糖症い者は早死しやすい

アメリカで最も新しい1項の研究発見、生活を維持する楽観者に対して悲観的な人の長寿、体は更に健康です.シカゴ大学の研究者がこの研究報告を読み上げたと、アメリカで心身医学協会がアメリカ大学で開かれた年にピッツバーグ大学の研究者が.この研究は1994年から、10万人50歳以上の女性を追跡し,低血糖症、生活態度として、その死亡率と体の状況を分析して分析している.8年後のデータ表示、悲観者に比べ,楽観的に死亡する確率は低い14 %であるということを追跡調査8年後のデータを追跡している.また、高血圧、糖尿病、中毒症にも負けた確率も悲観的という.研究はまだ、他人のことを信頼している人に比べて、寿命が短い,前者が後者に比べて早死する確率は高い.       ;;; 
;研究者廷德尔研究が出ずに悲観的な態度を直接体の結論だが、両者間の関係を証明することができます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です