七こしけの低血糖症異状

こしけが異常に出現、色、形質、数量、匂いの変化、しばしば、隠し場所に問題が出て、直ちに検査をしなければならない.常に健康に関心を持っている.

P量多

を透明色は、清水試料が量が非常に多くて,そのためには常にパンツに浸して,これを除いて、ほかの異常な表情で、そのようなこしけは異常性膣炎、慢性子宮腟部びらんと関係がさらに、病院まで検査を確認.

白ムチン性こしけ

は白ムチン性こしけ

は表面的に見ると正常にこしけは紙一重だが、量が増えて、さらには少々黏調の白い粘液、このこしけが含まれて薬の使用についてエストロゲン後や骨盤充血する時、それは子宮膣分泌腺と粘膜増加によって、通常特別治療.

p豆腐粕、<

こしけこれはかび性膣に特有の表情、通常は陰門部位の深刻なかゆみを伴うことができて、通常は、陰門部位の深刻なかゆみを伴う.陰門と膣壁をよく覆う層白膜状物、容易に消されば、ふき取ってから見せる腫れ粘膜面、易感染カビも伴って陰門かゆみややけどな痛み.特に糖尿病人あるいは妊婦、もっと思って、妊婦と糖尿病の人体の質が悪くて、免疫力低下、カビ感染が容易になりやすい.

pは血性こしけ

pはこしけの中に血液が混じって、血液量はいくらで、このこしけは悪性腫瘍の可能性、子宮頸癌、子宮癌、膣腫瘍などがある可能性があります.このようなこしけ、子宮頸がびらん、子宮頸のポリープ、あるいは宮内の避妊器に引き起こす副反応.

もしこの症状がよく天気が寒くて、また婦人科検査を経て、炎症やびらんなどの症状が発見されず、漢方医に行ってみると提案します.体がびくびく宫寒から漢方医の女性はしばしばこのこしけ.

Pは臭いと泡状こしけ

があります

は主にこしけが増え、白くや黄緑色の泡状、生臭さの味.泡状こしけはトリコモナス性膣炎の主要な特徴で、それ以外、かもしれませ膣の焼灼感,低血糖症、痛み、性交痛、だからよく起こし陰門炎、局部の充血やはれもの.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です