と、あさっての低血糖症俺(60)

について、明後日の僕(60)

ではp>と<,
;明後日は生後受け接する人、物、事の影響の習慣で、私個人としては習慣はいい悪いはこれは絶対、まるで水のように:水は舟を覆すことができ、また.私について明後日形成の習慣で、私とのユーザーまたはは私を知っている人と分かち合いたいともっと多くの人に知って私はこのように個人のため、私は恐れない人は孤独で、理解してくれない人と私の友人、私はただある人は私に付き添って話して、チャット.さっそくです、本題に入りましょう!

私は矛盾の人です.実は、この世界の自身は矛盾して、多くの人が感じていない矛盾しているので、たくさんの人が何をするにも釈然としない.ある人かもしれない自分で考えて、実はそれは本物の、ただ仮相をはおって真相のコートをごまかして彼女の目は.何事にも両面性があるので、私は矛盾の習慣を身につけました.

p

私は思想が非常に遅れている.小さい時から様々なテレビ時代劇を見ることが好きで、映画、どして重い感情、重い義;私のあこがれのはすばらしくて、追求のは完璧で,私はこの世界が平和、作れ各種心から誠実に向き合いの人.

私は私は幻想的な人です.私はどんな事に関わらず,低血糖症、私はすべてとても良いです;幻想は天下に恋人がすべてある完璧な結末がある、幻想は自分で1つのとても美しい妻をめとって、幻想に各種のすばらしい人、事を空想して、物.

私は計算が好きです.計算が計算されているわけではありませんよ!省の声色づかいに言う:私は好きで計算する人、こんなの言うことは少しもうそではない、時々刻々、毎分毎秒私も計算して;省の声色づかいには:私の頭はコンピュータのように、一日24時間を計算しないで、たとえ寝ても.そのことはまだ始まっていない私はたくさんの種から仮説とたくさんの種類の結末は、単純な例:もし私が準備して人に食事をしてください、私は計算して何人かの人は、それぞれ、誰が、どこで、可能性はいくらを必要とし、どのくらいのお金を持って、ご飯を食べては女の子の時は、その先に帰って再送を誰、誰.現実の社会は少ない人はそんなに多く、少なくとも私は,食事は私の組織の、私は最初から終わりまでの参加のすべての人はすべて無事です.これは私の原則です

は私の原則です

です私は書くことが好きです.書くなんて、一定の.始めは本で見た治療を抑えた方法:嫌いなの、彼のいうことにも紙に書いて、書き終わってしまったり、などのガスは消えた焼け;それからブス、誰かから悟って人の世の様々なと言いたい話を記録して、後は書くのが好きの習慣を身につけました.

私は本を読むことが好きです.本を読んで、2種類の本は読まない;一は小説を見ないと思うので、彼女たちが書いたのはまだ私の書いているので、私は言った:他の人を見て書いたよりも他人に見て私の書いた;2はごみの書籍を見ないではないので、孤高では、あの人たちが本当にとてもつまらない、書くこともあまり意味がないと、最初に読書の時間をつぶすために、後に多くの問題を発見、そのため多くのものを習う.

私は歌が好きです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です