あなたはシ低血糖症リーズ2を考えたいです

いつも自覚していない過去を思い出すと、いつも自覚していない君を思い出す、過去を振り返って,低血糖症、あなたはすでに私の日常生活の中で、一つは欠如した事件で、想いが習慣になって、私ができなかったのを置いて、君のことを思わないので、あなたを思って、だからやっと静かになる.

Pは,

はPは熟知しているメロディー

を聞いている照れたあなたのことを思い出す

は君の背中が頭にいる

は絶えず上映

を上映pは、未完に続く映画『/ p』であなたの神秘

はあなたの神秘<に訴える

を訴えているPはなじみの風景

を見ているあなたの呼吸があれほど甘い

風景にはあなたの呼吸があるからPは、繁華街

にまっすぐ歩いて行っているもう君がいっぱいじゃない思い出があるんじゃないの?私はずっともろく弱い神経を苦しめて私は心が痛いです

苦しめて

最後にあなたは1度の遥かな流星の

はありませんPはただの幻

を殘あなたは私

を思っているかどうか,
,私はあなたを思っていますすべての非現実的な

は泡のように透き通って自由に向かっている天国

ですPは破滅に潰え

を破滅に君はいつまでも認められないあなたの愛はそんなに熱いです

1粒の太陽

は一粒の太陽

は一粒の太陽

です私は私の心の中の星

を明るくして、私の心の中の星

を明るくしてあなたは私のことを思って、私

は思ってますどんなストーリーにも

はは私は心の中で私の臆病なかつて

があります私はずっとあなたを思っていますあなたがかつて拭いたかつて

をしていて君のわがまま<P>が殘だけだからなpは流星のようにP私たちはかつてのあの

を供養して愛の廃墟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です